硬筆展 アトリア観に行ってきました!

川口市の硬筆展、観に行ってきました!

力作ぞろい、どの作品も練習の成果が表れています。選考委員の先生方、どうやって優劣つけるのかしら。

いろいろ観て感じたのはやはり濃く太い文字の作品が受賞している、ということ。硬筆でどうやってこんなに太く書けるのかな?と思うくらい、 がっちりした文字の作品が大きな賞をもらっている確率が高いように見受けられます。やはり元気な字にこそ可能性を感じるってことなのかな。 吉田支部から2作品、市展と県展、素晴らしい作品が選ばれました。拍手!

「日習展」こちらは毛筆ですが毛筆はさらに「大きく太く元気よく」可能性を感じられる作品にしましょう。日本習字の会員以外でも出品できます。トライしてみたい方吉田まで。

過去の記事